スマホアプリの開発を検討する際、どのプログラミング言語を用いて開発するか迷うこともあるかと思います。

エンジニアであれば、言語ごとの特徴やライブラリやドキュメントの多さなどを踏まえた上で決めると思います。しかしエンジニアでない方にとっては、どの開発の言語を採用すべきか判断する事は、非常に難しいでしょう。

そこで今回は、アプリ開発初心者や、アプリ開発を発注しようと考えている人など、非エンジニアの人でもできるかぎりわかりやすい様に、アプリ開発の言語について紹介していきます。

言語選びの前に!作るアプリはWebアプリ or ネイティブアプリ?

言語選びの前に!作るアプリは

開発言語を決定する前に、まず初めに作りたいアプリがWebアプリ、ネイティブアプリのどちらなのか決める必要があります。開発するアプリの種類によって、開発言語も異なってくるからです。
開発言語の紹介に入る前に、Webアプリ、ネイティブアプリの違いについても簡単にご説明します。

Webアプリとは?

Webアプリとは、インターネット上で利用するアプリであり、Webブラウザ上で作動します。たとえばGoogle DriveやGmailなどのアプリが、Webアプリに該当します。

Webアプリはブラウザ上で利用できるため、ダウンロード(インストール)する必要がないというメリットがあります。

また、検索エンジンから利用者を集客できる点や、リリース時やアップデート時の審査が不要である点も魅力的なメリットです。

ただし、スマホなどのデバイスの持つ機能を使えない点や、ネイティブアプリと比べて動作が遅いなどのデメリットもあります。

ネイティブアプリとは?

一方でネイティブアプリとは、スマホやタブレットなどのデバイスにインストールして利用するアプリを指します。

App StoreやGoogle Playでインストールするアプリは、原則すべてネイティブアプリと言えます。

ネイティブアプリ最大のメリットは、スマホなどのデバイスに搭載された機能を利用できる点です。プッシュ通知やGPSなどの機能を利用し、ユニークなアプリを開発できるでしょう。

また、動作がスムーズな点やアプリ内課金によりマネタイズできる点も、ネイティブアプリのメリットです。

一方でユーザーを獲得するのが難しい点や、リリースやアップデートの際に審査を要する点など、避けられないデメリットも存在します。

結局どのアプリを開発すべきなの?

ネイティブアプリとWebアプリのどちらを開発すべきかは、作りたいアプリの内容に応じて選ぶのがベストです。

例えばゲームアプリであればネイティブアプリ、SEOにより集客したい場合はWebアプリが適しているでしょう。

アプリ開発を行う際は、作りたいアプリの内容を決定し、それをエンジニアや開発会社に伝えるのがオススメです。

ネイティブアプリとWebアプリの違いについて詳しく知りたい方は、下記の記事をご覧ください。

なお今回の記事では、ネイティブアプリの開発言語にフォーカスして説明を進めていきます。

iPhoneアプリ(iOSアプリ)の開発で用いる言語

iPhoneアプリの開発で用いる言語

iPhoneアプリ(iOSアプリ)を開発する場合は、Objective-CとSwiftのいずれかの開発言語を用います。

Objective-Cとは

Objective-Cとは、メジャーな言語であるC言語をベースに開発された言語であり、現在では主にアップルのiOSアプリを開発する目的で使用されます。

2007年にiPhoneが発売してから、2014年にSwiftが登場するまでiOSアプリの大半はObjective-Cで構築されていました。その為、Swiftが主流となった今でもObjective-Cで書かれたiOSアプリは多数存在しています。

有名ライブラリ(アプリ開発で流用できる無償公開されているソースコード)も多くもObjective-Cで書かれています。

ただ、最近ではSwiftで書かれたライブラリも多いですし、Objective-CのライブラリをSwiftから利用する事も可能です。

Swiftとは

Swiftとは、Apple社が開発したプログラミング言語であり、こちらもiOSアプリを開発する目的で使用するのが一般的です。

Swiftは2014年に登場した比較的新しい言語です。AppleはSwiftの発表時、「モダン、安全、高速、インタラクティブ」といった要素をSwiftの大きな特徴としてあげました。前述の通り、Objective-Cとの互換性もあるため、一つのアプリに双方の言語を用いて開発することも可能です。

どちらの言語を選ぶべき?

これはあくまで私の個人的見解ですが、iPhoneアプリを今後開発する際は、基本的に「Swift」を使用するのが良いのではと思います。
現在新規でのiOSアプリの大半はSwiftで行われており、今後もしばらくはiOS開発においてSwiftが主流である事は間違いないでしょう。
社内のエンジニアがObjective-Cのプロフェッショナルだったり、Objective-Cベースのアプリの追加開発であるといった特別な理由を除けば、基本的にSwiftを採用するのが無難でしょう。

※Swiftが主流とはいえ、下記リンクの様に、Objective-Cの方が良いと感じているエンジニアもいますので最終的には担当のエンジニアとよく話し合って決定してください。

Androidアプリの開発で用いる言語

Androidアプリの開発で用いる言語

Androidのアプリ開発では、JavaとKotlinのいずれかの言語を用います。

Javaとは

Javaとは、世界的に幅広く使われているプログラミング言語です。(ちなみに名前が似ているJava Scriptとは全くの別物です。)

コンパイラ言語と呼ばれる種類に属するため、RubyやPHPなどの言語と比べて、処理速度の速いアプリを開発できます。

また、OSに関係なく動作する点もこの言語の強みであり、汎用性の高さから多くの開発現場で重宝されています。

そして、Javaは1995年から存在する歴史のあるプログラミング言語であるだけでなく、2019年の今なお多くの開発現場で採用されています。その為Javaエンジニアの人口も、非常に多く、コミュニティも活発な点も魅力のひとつです。

Kotlinとは

Kotlinとは、2011年に登場し、2017年にAndroidの開発言語して使用されはじめました。まだAndroidでの採用が決定して2年経っていない為、Androidアプリ開発の現場でもまだ浸透しきっていない比較的新しい言語です。

Kotlinのメリットは多数ありますが、Javaよりも簡潔にコードを書ける点や、開発において安全性を担保しやすい点などがKotlinの特徴としてあげられています。

またJava言語と完全な互換性を持っているため、Javaでコードが書かれた既存アプリに、新しくKotlinのコードを記述する形で、アプリの内容を改良することもできます。

どちらの言語を選ぶべき?

これも非常に個人的な見解となるのですが、今から新規でAndroidのアプリ開発を行うのであれば、Kotlin言語を使用するのが良いかもしれません。

まだAndroid開発の現場において主流ではありませんが、有名IT企業でもKotlin採用が徐々に進んできています。

前述の通り、Kotlinはシンプルでわかりやすくコードを記述できたり、近年のプログラミングトレンドの良い点を多数取り入れているなど様々なメリットがあるだけでなく、Javaとの互換性が高く過去のアセットも利用できるので、今後Android開発においてKotlinが主流になっていくかもしれません。

一方、単純に採用のしやすさといった点では、Javaエンジニアが圧倒的に人数が多いのでJavaが有利かもしれません。

こちらも担当エンジニア、もしくは開発会社の方とよく話し合って決定すると良いでしょう。

最後に

今回は、アプリ開発で用いる言語についてご紹介しました。

アプリ開発のプログラミング言語を考える際は、まず始めにwebアプリとネイティブアプリのどちらを開発したいのかを決めましょう。

ネイティブアプリを開発するに際しては、iPhoneアプリとAndroidアプリとで、使用するプログラミング言語が異なる点にも注意が必要です。

先ほどお伝えした通り、私の意見としてはiPhoneアプリ開発であれば「Swift」、Androidアプリ開発であれば「Kotlin」の言語を選ぶのがオススメです。

最後に弊社についてご紹介させてください。

私たちの会社では、新規事業を行う方を対象に、アプリ開発やシステム開発を承っています。

アプリ開発で用いる言語の相談にも乗りますので、是非お気軽にご相談ください!

アプリ・Webスピード開発プラン