新規事業のアプリ開発・Web開発

アプリ開発

Category of article list

アプリのプロモーション、集客方法や事例を徹底解説

アプリのプロモーション、集客方法や事例を徹底解説

スマートフォンの普及に伴い、スマホアプリの利用者数は右肩上がりに増加しています。その結果近年は、ビジネスを運営する上でアプリの活用がとても重要になっています。 アプリを用いれば、固定客化や新規顧客の集客、売上高の増加などを実現できる可能性があります。しかしアプリを活用するためには、アプリの利用者を増やさなくてはいけません。 そこで今回はアプリの利用者数を増やす上で役立つプロモーション(集客方法)やアプリのプロモーション事例についてご紹介します。

アプリ開発はどの言語を選ぶべき?

アプリ開発はどの言語を選ぶべき?iOS、Androidアプリのプログラミング言語を紹介

スマホアプリの開発を検討する際、どのプログラミング言語を用いて開発するか迷うこともあるかと思います。 エンジニアであれば、言語ごとの特徴やライブラリやドキュメントの多さなどを踏まえた上で決めると思います。しかしエンジニアでない方にとっては、どの開発の言語を採用すべきか判断する事は、非常に難しいでしょう。 そこで今回は、アプリ開発初心者や、アプリ開発を発注しようと考えている人など、非エンジニアの人でもできるかぎりわかりやすい様に、アプリ開発の言語について紹介していきます。

アプリ開発を初心者にわかりやすく徹底解説

【2019年版】アプリ開発を初心者にわかりやすく徹底解説。外注、依頼する時の注意点もご紹介

「アプリを開発したいものの、どうやって進めていけば良いか悩んでいる」といった相談をよく耳にします。 そこで今回の記事では、アプリ開発の未経験者の方に向けて、エンジニアでなくてもアプリ開発について理解できるように説明します。 また、アプリ開発を外注する方向けに、アプリ開発費用の平均や相場から、アプリ開発を依頼する際の注意点までに関しても解説します。

月額制(定額制)のシステム受託開発のメリットは何か?

月額制(定額制)のシステム受託開発のメリットは何か?

弊社では、新規事業のアプリ、システムの開発サポートを行っています。 お客さまとの契約については、単発契約ではなく月額制(定額制)を採用し、継続的にシステム開発をサポートさせてもらうケースがほとんどです。 その理由としては、単発契約の作って終わりとなる開発では、様々なデメリットが生じるからです。(特に新規事業のサービス開発の場合)

アプリ開発を格安で行うには?

アプリ開発を格安で行うには?テンプレートアプリを活用しよう

なんとか格安でアプリ開発したい!といった問い合わせがあった際、予算をお伺いすると20万円程度といったご返答をいただくケースも稀にあります。返 残念ながら20万円以下の予算では、オーダーメードでアプリを開発する事は難しいです。 しかし、いわゆるテンプレートアプリを利用すれば、開発するアプリの種類によっては20万円以下の予算でも、格安でアプリ開発可能です。

システム開発、アプリ開発の要件定義で重要なこととは?

【保存版】システム開発、アプリ開発の要件定義で重要なこととは?

システム開発やアプリ開発のプロジェクトを成功させる上で、要件定義は非常に重要なプロセスです。 システム開発やアプリ開発を外注した結果、想定していたものとは異なる成果物が出来上がるケースは少なくありません。 「こんなはずじゃなかった」とならない為にも、システム開発やアプリ開発のプロジェクトを開始する際には、要件定義をしっかりと行って欲しいと思います。

Webアプリとネイティブアプリの違いは?

【徹底比較】Webアプリとネイティブアプリの違い。ハイブリッドアプリも紹介

新規事業でアプリを開発する際、Webアプリとネイティブアプリ、どちらで開発すべきか悩む方は多いと思います。 Webアプリとネイティブアプリには、それぞれメリットとデメリットがあるため、自分の作りたいサービスの内容に合わせて選択すべきです。 今回の記事では、エンジニアではない方でも理解できるように、できる限り専門用語を使わずにWebアプリとネイティブアプリの違いを比較してみようと思います。

アジャイル開発とは何?

アジャイル開発とは何?メリットや開発会社に外注する時の注意点まで解説

突然ですが、「アジャイル開発」という開発方法をご存知でしょうか?IT業界では有名であるものの、それ以外の方には馴染みが無いかもしれません。 あまり知られていないアジャイル開発ですが、実は新規事業との相性が非常に良い開発方法です。 今回は技術者でもない人でも分かるように、アジャイル開発を解説してみようと思います。新規事業でシステム開発を外注したい方は必見です。

モックアップは作るべき?プロトタイプとの違いから、ツール紹介まで

モックアップは作るべき?プロトタイプとの違いから、ツール紹介まで

弊社はアプリ開発の依頼を受けた際、開発を開始する前に必ずモックアップを作ります。何故なら、モックアップを通じて完成物のイメージをクライアントとすりあわせをしっかり行うことが、とても重要だと考えているからです。 今回の記事では、モックアップの意味や必要とされる理由や、簡単にモックアップがつくれる便利なツールをご紹介します。 モックアップとは?モックアップの意味

iPhoneアプリの開発を外注する前に知っておきたい費用や知識

iPhoneアプリ(iOSアプリ)の開発を外注する前に知っておきたい費用や知識

アプリを開発しようと思った際には、iOSとAndroidのどちらを先に開発するか迷われる事もあるかと思います。日本国内ではiOS(iPhone)アプリを先行リリースするケースが多いのではないでしょうか。 日本国内のiOSシェアが50%であることや、アプリ内課金がiOSの方が高いことを踏まえると、私たちもiOSアプリの開発からスタートをオススメしています。 今回は、iPhoneアプリ開発の外注を検討している人向けに、開発費用の相場や外注する際の注意点を解説します。