新規事業のアプリ開発・Web開発

見積り・費用

Category of article list

月額制(定額制)のシステム受託開発のメリットは何か?

月額制(定額制)のシステム受託開発のメリットは何か?

弊社では、新規事業のアプリ、システムの開発サポートを行っています。 お客さまとの契約については、単発契約ではなく月額制(定額制)を採用し、継続的にシステム開発をサポートさせてもらうケースがほとんどです。 その理由としては、単発契約の作って終わりとなる開発では、様々なデメリットが生じるからです。(特に新規事業のサービス開発の場合)

IT導入補助金とは?

IT導入補助金とは?補助対象や採択率などを徹底解説!

人手不足などの問題を抱える中小企業にとって、ITシステムの導入は非常に有効な手段となり得ます。 しかしITツールの導入には少なからず費用が発生するため、ITの導入に躊躇する中小企業も少なくないでしょう。 「ITツールを導入したいけど費用負担が重い」とお悩みの方にオススメなのが、IT導入補助金です。

iPhoneアプリの開発を外注する前に知っておきたい費用や知識

iPhoneアプリ(iOSアプリ)の開発を外注する前に知っておきたい費用や知識

アプリを開発しようと思った際には、iOSとAndroidのどちらを先に開発するか迷われる事もあるかと思います。日本国内ではiOS(iPhone)アプリを先行リリースするケースが多いのではないでしょうか。 日本国内のiOSシェアが50%であることや、アプリ内課金がiOSの方が高いことを踏まえると、私たちもiOSアプリの開発からスタートをオススメしています。 今回は、iPhoneアプリ開発の外注を検討している人向けに、開発費用の相場や外注する際の注意点を解説します。

アプリの運用コストや維持費、保守費用を徹底解説

アプリの運用コストや維持費、保守費用を徹底解説

アプリ開発の費用を考える際、ついつい初期開発費用に目が行きがちですよね。 しかしアプリ開発を行う際は、サーバー代や保守費用、運用コストなどが継続的に発生することを忘れてはいけません。 特に、機能追加を始めとしたアプリをより良くする為の継続的な改善には、多くの追加開発費用が発生します。

【納得いかない?】システム開発の見積もりが高くなってしまう理由

システム開発を依頼する際、見積もり金額を高いと思った経験はあるでしょうか? システム開発の見積もりが高い!妥当性がない!根拠は何?といったご不満を、稀に聞くことがあります。 新規でのシステム開発であれば、数百万円単位で費用が発生するため、当然疑問に思いますよね。