新規事業のアプリ開発・Web開発

ARアプリ開発

Category of article list

[ARKit基礎]3Dモデルを常にカメラ方向に向かせる

ARKitを利用し、検出した平面に3Dモデルを常にカメラの方に向かせてみます。 最初は現在のカメラの位置を取得し、3Dモデルノードのポジションを常にアップデートをしようと考えましたが、もっと簡単にできる方法がありました。 SCNBillboardConstraint

SceneKitのシーンやノードを理解【3次元世界への入り口】

非ゲーム系アプリの開発が中心だと、3Dオブジェクトを取り扱う事がほとんどないので、3Dゲーム開発用のフレームワークであるSceneKitを利用する機会がありません。 しかし現在リサーチしている、ARKitを使いこなすには、SceneKitの理解は必須です。なぜならARKitが現実世界の検出したあとの3DオブジェクトのハンドリングはSceneKitが担当するからです。  2次元世界であるUIKitの文化圏と大分異なるSceanKitですが、しっかり理解していきたいと思います。

[ARKit基礎] – ARカメラのトラッキング状態を表示 (ARCamera.TrackingState)

ARSessionをRunした後に、トラッキングがはじまるまでの1秒程度の時間タイムラグがあります。 また特徴量が少なすぎたり、カメラがぶれていたりすると精度高くトラッキングできません。 こういったカメラの状態を適切にハンドリングする為に、ARCamera.TrackingStateを利用していきます。

[ARKit基礎] – 平面検出して3Dモデルを置く

ARKit基礎 今年こそARKitを使いこなしていきたいと思っているのですが、UIKitほどまだ仲良くなれていない感じがするので、今更ながらARKitの基本的な使い方や作法をまとめていきたいと思います。 平面検出して3Dオブジェクトを置く